美容師の一日

チームワークでお客様をおもてなし

美容師 レセプション

沼田さんは水戸市けやき台のエルベけやき台店勤務のスタイリストです。

沼田さんはエルベけやき台店で働くスタイリストです。お店の規模にもよりますが、美容室では基本的にお客様を担当するスタイリストとスタイリストを補助するアシスタント、受付を担当するレセプション、そして全体を統括する店長が協力しあって仕事をしています。

着物の予約が入った場合は着付けが出来るスタッフが他の店舗からくる場合もありますし、美容室によってはネイリストやまつ毛美容をするアイリストがいるお店もあります。

意外に思うかもしれませんが、美容室はチームワークです。まず、レセプション(受付担当係)が予約の確認や調整をして、荷物を預かり、気持ちよくお客様を案内するところから始まります。エルベグループでは現在千波町の本店のみレセプションがおり、他の店舗はスタッフが手分けして受付業務を行います。アシスタントにはシャンプーやカラーリングの補助をしてもらいます。私一人で全工程を行うと、1日に担当できるお客様の数が限られてしまいますからね。店長には気付いたことをこまめに報告します。スタッフ全員がお客様のために連携して動いています。

アシスタントには「先輩のお客様だけでなく、自分を指名してきたお客様だと思って接してね」と伝えています。また、これはアシスタントだけでなく、スタッフ全員が共有した思いです。専属のスタイリストがパーマを巻いているときやカット中など、来店されたお客様の元に行けない場合があります。そんなときは他のスタッフが変わって案内しますが、このお客様は私の指名のお客様ではないと、そんな気持ちで接していたらお客様は不快に思われます。そうならないためにも他のスタイリストを指名のお客様でも明るく丁寧に接しなくてはなりません。

ヘアスタイルは持続性や再現性が大切

美容師 カウンセリング

親切丁寧なカウンセリングから接客は始まります。

来店したお客様には、まず髪の毛のお悩みと、なりたい髪型のイメージをお伺いいたします。この時大切なのは、いつも自宅でどのようなケアをしているのかを確認することです。タオルで髪を拭くだけで自然乾燥のお客様に、ブラシを使ったブローが必要な髪型を提案しても、自宅で再現できませんからね。また、髪質によってはご要望のスタイルをおすすめできないこともあります。

そのようなときも、「似合わないからやめておいたほうがいいです」なんて否定してはいけません。

いったん「素敵ですよね」と受け入れつつ、「基本はその形で、もっとこうやった方がお手入れは楽になりますよ」と、その方に似合うスタイルに寄せた提案をするように気を付けています。

いつもいらして下さる常連のお客様であっても季節や冠婚葬祭などのフォーマルな場面用になどによって注文は異なりますので必ず確認は欠かせません。

エルベグループでは髪を綺麗に整えることはもちろんですが、再現性にこだわっています。お気に入りのスタイルが1ヶ月以上もつように、持続性や自宅での再現度を重視しなくてはなりません。ヘアカタログ系の雑誌を見てこんな髪型になりたいと、ご来店されるお客様も多いですが、自宅で再現できなければ意味がありません。そのために髪の長さ、形状、色を判断して、お客様に合うようにアレンジする必要があります。また、髪そのものよりもお仕事も考えなくてはなりません、業種によっては髪の長さやカラーの番号指定までありますからね。総合的に考えてお客様には再現性の高いヘアスタイルをご提案いたします。

カット技術大会

技術大会でカットで他店で働く多くの美容師さんたちと技術力を競います。

提案力を身につけるためには、知識と経験を積む必要があります。一人前になった今も、グループ各店のスタイリストが月に一度、本部に集まり、新発売になったヘアカラーやパーマ液などの美容用薬剤を試したり、接客のマナーを学んだりします。年に何回かは美容組合主催のコンテストがあり、そこで他の美容室で働く美容師と腕を競います。賞を取るとモチベーションが上がりやはり嬉しいですね。

直接「ありがとう」と言われる喜び

お店のアシスタントに対しては、即戦力をつけてあげることを第一に考えて指導しています。それと同時に、「髪を切るのは楽しい、美容師はやりがいのあるお仕事だ」ということを学ばせなくてはなりませんし、私もそうして先輩から教わってきました。

美容師というと、労働時間が長くて大変そうなイメージがありますが、エルベの場合、夜の練習はなく、18時半には帰宅できます。その上、休みが多く、月に最低でも6日は休め、年末年始4連休で、家族とゆっくり過ごすことも出来ます。ママさんスタイリストさんの場合、お子さんの行事を優先にすることも出来、参観日や運動会など、お子さんに寂しい思いをさせなくて済みます。当然、小さな子供ですから急な発熱や腹痛など、学校や保育園から連絡が来る場合がありますがその際もスタイリスト同士でうまく仕事を調整して気持ちよく送り出すようにしています。お互い様ですからね。

どうしても美容師という職業は大変だというイメージばかりが先行していますが、私はとても楽しいお仕事だと思っています。自分が作り上げたスタイルがお客様に似合っていたときの達成感や、その髪型を心から喜んでもらえて、「ありがとう!」と直接言われたときの達成感は何年やっていても新鮮で、本当に美容師という職業を選んでよかったと思う瞬間です。

エルベクループで働く美容師の一日のスケジュール

美容師の一日
8時00分 みんなで並び、店長の木村さんの号令で朝の挨拶、今日の目標、注意点などを確認します。
8時10分 開店準備、掃除、予約の確認。
9時00分 開店。お客様がご来店されます。
12時30分 手の空いた人から順番にお昼を取ります。職業柄、12時から13時までお昼休憩という時間ではありません。
13時10分 午後のお客様の来店。一日5~7人程度のお客様のカット・パーマを担当いたします。状況に応じて薬剤の注文をしたり、ホットペッパービューティーの記事を更新したりします。
18時00分 掃除して店内を綺麗にします。
18時15分 終礼、今日の売上、本日の反省や明日の課題、業務連絡などを伝えて仕事を終わりにします。
18時30分 帰宅、お疲れさまでした。エルベは夜の練習や講習はないため、これで帰宅できます。お客様の状況によっては18時ぐらいにあがれます。

画像タップで電話が掛けられます

お問い合わせフォームが起動いたします。

ページ上部へ戻る